プロパティ デザイン オフィス(PDO)は、建物づくりを通じて
住まう人々の幸せな人生をプロデュースいたします。

リノベーション | 「夫婦愛を育む家」北池袋リノベーション

PDOが提案する「婚活マンション・夫婦愛を育む家」シリーズ。
リノベーション済み売買マンションとして、PDOで企画デザイン・施工し、販売の仲介を行いました。

「夫婦愛を育む家」は夫婦、家族の愛が育まれる様、企画設計・施工・不動産販売チームの全てが一体となり、プロジェクトを進めました。

不動産転売の利益よりも、まだ見ぬ購入者の長期的な幸福に重点を置いた「極めてまれ?」な、リノベーション済み売買マンションです。

ストーリー

婦愛が生まれるように愛をこめてリノベーションしたマンション。
PDOでは、「住まいから健康と夫婦愛が生まれる」という考えから『夫婦愛が育まれる家』というコンセプトを設定しました。もちろん単身者であれば、ここに住んで婚活力を高めるマンションにもなります。
(→婚活力UPのマンションについての詳細はお問い合わせください)

立地は池袋から東武東上線で一駅の「北池袋」駅徒歩3分。
下町的雰囲気が漂うアットホームな環境です。
南と西の2面開口、通風良好の間取り。カラッとしていてカビも生えません。
窓から植栽や空が見え開放感があり、部屋から自然を感じ取る事が出来ます。


低価格でもこだわる所にはお金と手間をかけています。
床は無垢のメープルフローリング貼り。家具のように美しく機能的なキッチン。(既製品ではなくここの物件にあわせたオリジナルです。ゆとりある大きさ、食洗機、引き出しにゴミ袋の収納を設置しています。)
また、床材にあわせて、キッチン扉の取っ手もメープルです。メープルを選んだのはコンセプトにもある、愛ある空間となるために、「メープルシロップのような甘い生活を送って欲しい」という意図によります。

気合い入ってます!オリジナルキッチン!

障子の間仕切りは吉村順三のディティール「吉村障子」を参考に作りました。
3枚の障子が締めると1枚に見えキレイです。
日本建築のたたずまいの美しさを再認識します。

美しい吉村障子

寝室には漆喰塗装。カラーワークス製HIP漆喰を使用。
(漆喰には、自然素材の独特の風合いと質感に加え、アルカリ性の性質による防カビ性や、微多孔質な構造による吸放湿性など、多くの優れた機能を備えています。)

寝ている間は通常閉め切りますから、化学物質のまん延した部屋で呼吸をしていては不健康になってしまいます。
空気を浄化する漆喰を使うのは、休息を取る寝室で使う事が一番良いと考えています。

漆喰でリラックス&健康に◎ 

寝室にもオーダーの収納家具を設置。

こちらのマンションを購入いただいたご家族に引っ越し後にお伺いしました。
とても楽しく住まれていて、奥さまが笑顔でニコニコして勤務先から 帰宅されると聞きました。
夫婦の愛が育まれる家に住まれて、幸せな生活を末永く送って頂きたいと願っています。

PDOポイント












玄関廻りは35年前から変わらない床・壁・玄関土間は当時の職人の技にリスペクトしてあえて残しました。新築の無個性な玄関とはひと味ちがいます!本棚は玄関の雰囲気に合わせて作ったオリジナルです。







南面のバルコニー側には豊かなグリーンが見えてとても気持ちのよい空間です。もちろん風通しもバッチリ!







家具のように部屋にとけ込む食洗機付きオーダーキッチン。取っ手にも床材と同じメープルを使用。照明部分もこだわりました。












ダイニングとリビングの間仕切りは「吉村障子」をイメージ。 伝統的な美しさとモダンさを同時に!

















寝室の壁・天井は薄いグリーンの漆喰仕上げ。真っ白ではなく暖かみのある色で柔らかい印象です。カラーワークス製HIP漆喰を使用しています。




また、夫婦の愛の営みの最中には、お子さんが入って来れないように鍵がかかるようになっています。 (夫婦喧嘩をしたときの為ではありません! )


PDOはセックスレスになる原因は、住宅のプランや材料にも原因があると考えています。
今後も、夫婦がハグがあり、キスがあり、セックスレスにならない家、家族がいつまでも仲良しの家になる「夫婦愛が育まれる家」を企画していきます!

物件情報

「夫婦愛を育む家」北池袋リノベーション

物件名:池袋東方マンション
所在地 :東京都豊島区上池袋
規模:地上5階建(2階部分)
構造:鉄筋コンクリート造
専有面積:57.1m2
築年数:1976年(昭和51年)12月
設計プロデュース:プロパティデザインオフィス
施工:ケフィ
家具製作:ラボラトリー
工期:2011.6~2011.8

お問い合わせ

上にもどる