プロパティ デザイン オフィス(PDO)は、建物づくりを通じて
住まう人々の幸せな人生をプロデュースいたします。

リノベーション | domus 6 暖炉のある集合住宅

PDOプロデュースの集合住宅「domus6」
インテリアデザインに小坂竜氏を迎え『NY、暖炉のあるホテル』をテーマに、温かみのあるラグジュアリーな空間を創出した。

クラフトマンシップの本物の材料を使った、ここにしかない正真正銘の集合住宅。

ストーリー

domus6は東京都杉並区善福寺という地に、新しく生まれ変わったリノベーションによる集合住宅である。敷地は善福寺公園の緑を背景にした閑静な住宅地の中にあって、ひときわ存在感のある佇まいを放っている。
既存の建物が昭和63年に建設されてから26年。多くの人々と共に過ごしてきた既存の建物を、経年により老朽化した構造・設備を刷新しながら、魅力ある建物に甦らせようと試みたリノベーションプロジェクトである。
それは、インテリアデザインやサインデザインだけの表層的なリノベーションだけに留まらず、人々の暮らし方や住人同士のコミュニケーションのあり方をも改めて再構築することを目標に掲げ、事業主・開発者・デザイナーが一体となって、成功に導くことができた唯一無二のプロジェクトである。

開発にあたって我々が最も注力したことが、既存の建物が持っている個性的な外観や共用部空間を、築年数による古さや時代性を感じさせないまま、新たなデザインの力を与えることによって、ラグジュアリーで洗練された印象を創り上げることであった。
昭和63年の建設当時、各専有住戸内には薪をくべてリビングを温める暖炉が配置されていた。時代と共に、利便性の高い暖房器具によって存在を塞がれてしまった既存の暖炉を甦らせ、現代人にとってたやすく取り入れることは難しくなった「暖炉を囲む豊かな暮らし」を現代に再現させることが、今回のインテリアデザインの最大の特徴となっている。

そして、誰も見たことがない、ここにしかない唯一のデザインを創り上げるために、インテリアデザイナーとして小坂竜氏を招聘した。開発者と小坂氏は、古いものと新しいものが有機的に繋がって融合しているデザイン空間をイメージしながら、NYのデザインホテルを多数視察し、今回のプロジェクトにふさわしいデザインテイストを探り出して行った。

さらに、敷地内に存在する庭園部分には、住人達が暖炉のある暮らしを積極的に楽しめるように薪小屋も設置して、都心部にありながら自然の豊かさを身近に感じられる仕掛けを施している。

愛着のある既存の建物を残しながら、活かしながら、甦らせたいと願う事業主にとっても、この場所にしかないデザインや暮らしに大きな価値を感じているユーザーにとっても、このプロジェクトによって、双方が温故知新の住まい方を知るきっかけを作り出すことに成功した。新たに蘇ったこのプロジェクトが、長く愛される住まいとなり、住人一人ひとりが、自分の居場所を物語れる場所であってほしいと願っている。

domus6特設サイト
www.domus6.com

TV紹介(王様のブランチ 2015年1月24日放映)

ハイロックの建もの探訪 FILE No.002 吉祥寺

物件情報

domus 6 暖炉のある集合住宅

domus 6 (ドムス シックス)
所在地 /東京都杉並区善福寺3丁目27-17
構造/RC壁式構造 地上3階建
用途/共同住宅(6戸)
築年/1988年5月
リノベーション完成/2014年12月
敷地面積/811.49m2
建築面積/283.62m2
専有面積:81.48m2〜100.28m2
賃料/28万円~36万円
総合プロデュース/プロパティデザインオフィス 菊池林太郎
インテリアデザイン/A.N.D. 小坂竜
建築工事監理/辻昌志建築設計事務所
グラフィックデザイン/Do Be Company Inc. 飯島広昭
施工/八十堂